将来を見据えたダイニングテーブルを

結婚と同時にダイニングテーブルを購入しました。
ナチュラルな風合いのダイニングテーブルに背中と座面は革張りの木製の椅子です。
デザインもシンプルですが飽きがこない感じですし、とても気に入って購入しました。
どうせ買うならいいものを長く使いたいと思い、一流メーカーの家具で値段もかなりしました。

4人がけのスタンダードな大きさのテーブルでしたが、新婚で大人二人には十分でしたし、お友達が来ても十分な広さで不満はありませんでした。

しかし、子どもが産まれて幼稚園に通うようになり、子どものお友達がたくさん家に遊びに来るようになると一変してダイニングテーブルの大きさに悩まされています。
子ども+親で遊びに来てもらっても親がテーブル席に座るだけでいっぱいで、子どもには小さなテーブルを別に出してそちらを使ってもらうなど工夫が必要になってきました。

また子どものお友達だけで遊びに来てもらっても座るところが足りずに、「お菓子はテーブルのところで座って食べてね」と言っても座るところがない・・なんていうことも頻繁に起きています。
こうなってくると伸縮できるダイニングテーブルにすればよかった・・・と思ってしまいます。
しかし高額で買ったダイニングテーブルですし、買い換えるのも気がひけています。

普段に家族だけでの食事などは今の4人がけのダイニングテーブルで不満はないのですが、やはり人数が増えると困りますね。
結婚当時に家具を購入するときには眼中にも入らなかったサイズが変更できるダイニングテーブルが今はかなり魅力的に感じます。

また椅子の方も悩んでいます。
背面と座面が革張りですが、すぐ靴下を脱いで裸足になる子どもが椅子に座ったり、手で触ったりしているうちに革は薄汚れボロボロになってきました。
ダイニングテーブルでお絵かきをするのでテーブルはもちろん傷だらけですが、椅子の革部分に知らぬ間にペンがついています。
拭き掃除もしていますが子どものパワーには負けますね。

サイズ問題では悩まされていますが、子どもが産まれてからダイニングテーブルにしてよかったなと思うこともたくさんありました。
子どもが小さい時はダイニングテーブルにすることでテーブルに並べたご飯をひっくり返されずにすみました。
座卓にしている友人たちはみんなひっくり返されるため汁物などを置いておくことが出来ずに困っていましたね。

家族構成でこれほど欲しいダイニングテーブルが変わるとは思いませんでした。
デザインや価格だけでなく、将来の事も考えてから次のダイニングテーブルを買い替えたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です